転勤になったときの様々な手続き



転勤が決まったら

 

転勤は突然決まる場合も多く、引越しの準備に時間がかけられずに慌てることもあります。しかし、順序よく準備をすれば何も慌てることはないのです。

 

マンションやアパートを借りていた場合には、契約の解除手続きをする必要があります。契約の解除をするには、普通は1ヶ月前には行なわなければない場合が多いようです。まずは賃貸契約書を確認して、なるべく早く契約の解除手続きを行ないましょう。

 

転勤の場合ですと、会社側が新居を用意してくれるケースもありますし、会社によっては社宅がある場合もあります。いずれにしても、転居先の住居の間取り図があると家具の配置などが事前に決めれるため便利です。

 

子どもがいる場合には、転校の手続きもしなければなりません。担任の先生になるべく早く伝えるようにしましょう。

 

電気、ガス、電話、水道、そしてインターネットのプロバイダなど、各公共会社への引越しの手続きも必要です。チェックリストを作っておくと忘れずに連絡できると思います。

 

行政の手続きは確実に行ないましょう。転出届は引越しの2週間前から受け付けてるので忘れずに手続きして下さい。転出届を提出する時に国民健康保険、国民年金、福祉の変更手続きや印鑑登録の廃止なども同時に行なわれます。

 

郵便局に連絡しておくことも、意外に忘れがちです。郵便局へ転送届けの手続きを忘れてしまうと、郵便物が届かなくなってしまうので忘れないようにしておきましょう。