転勤になったときの様々な手続き



引越し先の探し方

 

転勤というものは基本的には急に決まることが多いものです。長くても1ヶ月、短かれば1~2週間くらいしか時間の余裕がないこともあります。

 

転勤先の住まいを会社が用意してくれる場合はよいですが、そうでない場合には限られた時間で引越し先を探さなければなりません。さらに、転勤で引っ越す場合には、たいてい知らない土地に行くことが多くなるでしょう。現在ではインターネットで色々と物件をさがすことが可能ですので、是非利用しましょう。

 

わざわざ現地の不動産屋を訪ねてまわるのは、時間の無駄であると思います。最初は通勤圏内を特定することから始めましょう。転勤先の住所や最寄の駅などを確認し、そこへ通勤するのに可能な地域や駅を決めます。このときのポイントとしては、会社から最寄り駅までにかかる時間や自宅から最寄り駅までにかかる時間に余裕を持たせておくことです。

 

次に考えることは、通勤に便利であることを優先するか、生活するのに便利であることを優先するかです。駅に近い方が通勤には便利ですが、生活のしやすさを考えればスーパーや学校などが近くにあったほうがいいでしょう。

 

続いて予算を決めましょう。マンションやアパートの家賃の上限をあらかじめ決めておき、その予算内の物件しか見ないようにすれば、早く新しい住居を決めることができます。これらの条件で検索し、いくつかの物件をリストアップして、その中から良いものを選ぶようにしましょう。